2008年 フォーラム


                  
2008年度 計測標準フォーラム第6回合同講演会【 報 告 】
(第17回 日本NCSLI フォーラム)
 
 2008年11月21日(金)東京都大田区産業プラザPiOにて、計測標準フォーラム第6回合同講演会  (第17回日本NCSLIフォーラム)が 開催されました。

当日は、始めに総合セッションで経済産業省 産業技術環境局 知的基盤課長 渡邊 重信 氏よりご挨拶を戴き、続いて(独)産業技術総合研究所 標準・計測担当研究コーディネータである 田中 充 氏より「わが国のトレーサビリティーの方向」という題目で計量トレーサビリティーの背景や供給のこれまでと現状、今後についての基調講演を戴きました。その後二つの会場に分かれ、6セッションで18講演が行なわれました。またNMIJおよび参加団体によるポスターセッションや計測機器等の展示会、NMIJ計測クラブによるチュートリアルセミナーも併せて行われ、多くの方が交流および情報交換をされました。

 本年度も昨年同様400名を超す参加者があり、計量・計測分野および本フォーラムへの関心の高さが伺えました。今回も講演者、参加者また多くの運営協力者の皆様のご協力にて成功裡に終えることができましたことをこの場を借りて御礼申し上げます。

 
総合セッション(開会)総合セッション(挨拶)
NCSLI-J 講 演(1)NCSLI-J 講 演(2)
NCSLI-J 講 演(3)発表者及びNCSLI-J 運営スタッフ
ポスターセッション展 示 会 場 の 様 子
受 付 の 様 子ドアプライズ(懇親会)
  
 

[TOPに戻る]